憧れの新築住宅での暮らし。

いつかは一軒屋と思って生活をしてきましたが、実際に新築住宅を購入した時に後から感じた事がいつくかありました。

まず、第一に金額設定をして家を探すのは普通のことだと思いますが、あまりに金額に拘りすぎて、本当にその場所が一緒の終の棲家になるかという事が後々になって考えさせらる事となりなりました。家を建てる場所や新築住宅を探すにあたり、金額にばかりとらわれ過ぎた結果、本当に住みたい場所や理想とする場所への妥協が出てきます。ならば、一旦、家探しを中断して仕切り直しを必要としたり、または値段設定に幅を持たせることを検討した方が良かったという事は後々の後悔となる可能性があるので充分注意が必要と感じます。

また家を建てる当りあまりにコストダウンの事ばかり考えると、結果的に後には必要となり、予想以上に後からお金が出る事もあるので、最初からコストダウンの事ばかりは考えない方が快適で、逆の後から出るお金が少なくなると感じました。
予算の問題はそれぞれの家庭ごとに違いますが、少し余裕を持つ事が必要だと感じました。