home23 のすべての投稿

無垢素材を使う家の魅力を実感しました!

無垢素材といえばやはり木のぬくもりを実感でき、注文住宅で用いられていれば家族でリラックスできます。注文住宅は家族で生活をするために選びましたが、建売とは違い好みに合わせてアレンジできることに惹かれました。最近では無垢素材の良さをアピールするネットや雑誌などの記事が多く、内容を見るだけであこがれてしまったものです。注文住宅は生活の拠点として考えると便利ですが、実際には多くの費用がかかり後悔をしないように依頼することを決めました。

無垢素材を使う家は中に入ると木の薫りがするため、生活の拠点としてリラックスできて良かったです。家は経年劣化をすると不快なにおいがするものですが、無垢素材はこのような心配をせずに済みました。室内は外の気温に影響されないようにしたいもので、無垢素材は気温差が激しくならなくて良かったです。家は少しでも落ち着ける環境にしたいもので、無垢素材はこのような家族の願いを叶えてくれました。

足も心も癒される無垢の床

もともと主人が昔から木の家に憧れていたことがきっかけで、工務店さんのアドバイスと予算の兼ね合いにより床と外観の一部に無垢材を使いました。

1日の中で1番多くの時間を過ごすリビングの床材には杉を使用しました。柔らかい材質なので裸足で歩くととても気持ちが良いのが1番の魅力です。

ただ、柔らかい材質なので傷がつきやすいです。子供がまだ小さいので、おもちゃを落としたり、イスを引きずった時の傷がそこここににあります。最初は気になりましたが、子供たちの思い出として、数年後に「ここの傷はね〜」などと話しの種になればと思っています。

また、乾燥している冬場などは収縮が大きいので、隙間に小さなゴミが溜まりやすいです。子供たちのお菓子の食べカスなどがよく溜まってしまいます。

難点もありますが、やはりぬくもりある見た目や木のいい香り、肌へのあたりが優しい無垢材は最高の癒しを与えてくれます。

子供の裸足教育にも杉の木の心地よさは本当に適していると思います。小さい子供がいるのであれば、1番に杉をおすすめしたいです。

様々な利点がある木の家の魅力について

木造住宅や無垢材を使った住宅には、様々な利点があります。私のマイホームも、木造にこだわりがあったため、木造住宅が建てられるメーカーを選びました。日本の家屋は、古くから木造住宅が多いですが、近年では鉄骨を採用した住宅も増えています。私が木造住宅を選んだポイントとしては、室内が木の温かみで囲まれて落ち着いた雰囲気になる点でした。木に触れ合うと温かみがあり、子供が遊んだりして転倒しても大きな怪我に繋がるリスクも少なく安全面でもメリットがあるためでした。木材は、子供が遊んだり勉強したりする面で心理的にも非常に良い効果をもたらすため、我が家は木造住宅にこだわりを持ちました。子供が成長した先に将来的には、リフォームやリノベーションをしたいと考えており、木造住宅の方がリフォームやリノベーションがしやすい点も選んだ理由の一つとなっています。木の良い香りや温かみで、室内全体が穏やかな雰囲気になり、木造住宅はとても利点が多いです。

北欧のモダンな木の家・無垢の家です

北欧へ旅行した際に素敵なモダンな住まいを発見し、マイホームを建てる時には、こういう住まいが良いなぁと夫婦で考えていました。自然素材で造られた環境なので、温かみある室内環境は最適なので北欧モダンなインテリアで統一し、木の家・無垢の家にぴったりな環境にしました。マイホームを建てる際にはインテリアも統一感あるものを購入し、キッチンもナチュラルウッドを使用するなど、組み合わせをマッチさせながら住まい環境を整えていきまいsた。木の家・無垢の家は明るい雰囲気なので、壁はホワイトにして観葉植物を置いて優しい環境にするなど、家族で話し合いながらアレンジしていき、とても楽しくなりました。リビングルームも北欧モダンな環境にしたことで、空間があり広々とした室内環境は住み心地がよく、ホッと安らぐ空間になっています。北欧モダンなインテリアと木の家・無垢の家はマッチするので、統一感ある室内になって自慢のマイホームです。

地震に強い木の家・無垢の家を建てました

日本はとても自然災害が多いし、万が一、大きな地震が起きた時でも耐えられるようなマイホームを建てたいと考えていました。日常生活の中で落ち着いた環境で生活したいので、地震に強いマイホームを住宅メーカーへ相談したところ、木の家・無垢の家を勧められたので物件見学会へ参加してみました。土地や風土によって家の構造も大きく異なり、日本の土壌からして木の家・無垢の家はとても風土にあった住まい環境だとアドバイス受けました。耐震構造で地震に強いマイホームを設計している住宅メーカーへプランを依頼して木の家・無垢の家を建てることにしました。とても丁寧なアドバイスを受けることができ、木材も日本のものを使用するので、品質管理が行き届いているので安心した住まいができると実感しました。大きな出費にはなりますが、長く住むマイホームは安心安全でありたいと家族の意見は一致していたので、良い選択をして木の家・無垢の家を建てたと感じています。

木の家のメリットポイントとは

木の家には、様々なメリットポイントが挙げられます。1つは、高い吸湿性があり湿気が多いシーズンには、室内の湿気を木が吸収してくれます。逆に湿気が少ないシーズンの場合は、木が乾燥してくるため、木に含まれている水分を放出します。寒い冬の季節には、室内が結露しやすいですが木の家では、結露することが出来るメリットがあります。さらに湿気が多いとカビが発生しやすいですが、木造住宅では、吸湿性が非常に高いため湿気が少なくなりカビが発生しにくいといった効果も期待できます。このように木の家は、1年間を通じて快適に過ごすことができるメリットがあります。また、将来的にリフォームをしたい場合には、木造住宅は便利です。鉄骨住宅と比べると、リフォームがしやすい構造となっており、先々増改築したい場合もお勧めです。我が家も湿気が少なくなり、木の温もりが感じられる家が良いと思い木造住宅でマイホームを建てました。木の温かみと年間を通して湿気が少なく快適に過ごせています。

木の家を建てるのであれば、初期投資。

木の家、無垢の家は密かなブームになっています。

原点回帰なのか分かりませんが、洗練されたものよりも

温かみのある木材を使った家が非常に人気になっています。

私もその密かなブームに乗っているのですが、

ただブームに乗っているのではなく、しっかりとしたメリットを

感じているからこそを選んだ選択です。

木は自然のものですから、国産の木であれば

しっかりと日本の気候に合っています。

夏は涼しく冬は暖かいので非常に過ごしやすいですし

余分な湿気を取ってくれるのでカビを生えにくく

非常に過ごしやすいです。

一度立ててしまえば、基本的なリフォームなどは

それほど必要がないのでできるだけ初期費用は

かけてしっかりとした家を建てることが

長く快適に住み続けるために必要なことだと思います。

中途半端に費用を削ってしまうと、一部が住みにくい場所を

作ってしまったり、後からメンテナンスがかかってしまって

余分な費用がかかってしまうのではじめの初期投資を

惜しまないことがデメリット抑える一つの方法です。

無垢の家はメリットばかりではない。

最近では最先端の建築素材を使用して作られた家が

モデルハウスに建てられていますが、無垢の家は

非常におすすめの家です。

家というのは、一日の生活の中でほぼ半分ぐらいの

時間を過ごす重要な場所です。

自分にとって快適でなければなりません。

それを叶えてくれるのは、木材そのものを生かした

無垢の家です。

しかし、メリットだけではありません。

やはりデメリットも存在します。

素材は木材ですから傷のつきやすいですし

床などに木材むき出しであると液体などが

染み込んでしまい残ってしまいます。

その子も味わいがあって良いのですが、

食べ物に関する液体であると、そこからカビが

繁殖してしまう原因になるので、特に床はしっかりとした

加工を施すようにした方が良いと思います。

無垢の家を作るにはそれなりの時間やコストもかかるので

他の部分でコストカットしたいところですが

木材はやはり腐りやすいので、ある程度の加工をするもしくは

水をはじく素材を下に敷いておく、子供がいるならば

その場所を柔らかい素材で覆うなどの工夫も必要です。

しかし家は一生ものですか、それだけの価値があると思います。



温もりのある木の家の魅力について

現在の日本の住宅には、木造の鉄骨などの住宅がありますが、中でも木造の住宅はとても人気があります。我が家も木造の住宅でマイホームを建てました。木の家の大きな魅力と言えるのが、木の温もりを感じる事が出来る点です。手触りも良く、居住空間としてはとても良い環境を整える事が出来るメリットがあります。さらに熱を通しにくいため、断熱性も優れており、湿気を調整してくれるためオールシーズンの間、快適に生活をする事が出来る魅力があります。湿度を上手くコントロールしてくれるため、梅雨時期でも木の家では過ごしやすいです。子育てをしていく中でも木の家は、便利で子供が走り回ったり、遊んだりしても安心感があります。我が家は、木造のマイホームにこだわりを持っていました。そのため、木造での一戸建て住宅を建てられるハウスメーカーを選択しました。実際に暮らしてみると、フローリングや建具など木に囲まれた生活は、温かみがありとても暮らしやすいです。

我が家には自慢できるところが2つあります

自分のマイホームを建てた際に無垢材を使用して建てたので、自慢できる点が幾つかあります。まずは子供にも大人にも健康被害が起こりくい家になっています。無垢材はシックハウス症候群の発症がしにくくなっていますので、健康被害が起こりにくい家になっているためここがまず1つ目の自慢です。無垢材の場合には集成材で使われる化学接着剤を使わないので、シックハウス症候群が起こりにくいとされています。科学接着剤を使うとそこから放散する有害な化学物質によって、室内の空気が汚染されることでシックハウス症候群を発症しやすくなるので、我が家ではこれを防ぐことができる家になっています。また真冬でもフローリングを裸足で歩くことができるほど快適になっていることが2つ目の自慢です。無垢材を使った家は低熱伝導率になっているので、真冬でも室内は暖かいです。無垢材の家にしてからは光熱費が節約することができているので、家計負担も軽減できるので満足しています。